お気に入り

  • CURRENT MOON

動物愛護

  • 「ペットショップにいくまえに」作:どいかや
  • いつでも里親募集中
    いつでも里親募集中
  • 生態展示販売反対
    ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対
  • ペットショップでの生体展示販売規制強化

アニメ

  • ヘタリア

エコ

  • そらべあ

« 2014年10月 | メイン | 2016年1月 »

2015年7月

2015年7月21日 (火)

マッドマックス 怒りのデス・ロード

観た!すでに3回観た!

51yqryomqzl


映画の内容案内にもあるとおり「アクション映画」
ネットの評価もだいたいの方が書き込むように「内容が無い」「ひゃっはー」映画

……違います

ま、一回目はわちきも同じ意見でした。内容が無くても楽しめる映画館でしか楽しめない超娯楽アクション映画。
でも、ね。2回目見終わった感想は
「内容が無い、ヒャッハーだけの映画」てのは、単に自分の
「脳みその処理速度が画面に追いつかなかった」だけ、でしたヨ(;゜ロ゜)
そりゃそうだよ、あんなけものすごい山場の連続だと、序盤の車にしがみついていたマックスのように私、2時間うしろにへばりついて振り落とされないように必死でストーリーについて行ってたものね。

いや、ナニこれ。セリフが無いって感想もちらほら見受けられますけど、違うよ
セリフが無い、んじゃなくて、セリフが不用なんだ。
セリフで画面を補完するんじゃなくて、画面を見ればわかるように作ってるんだわ。
ただ、その画面がもう速いし情報量多いしで、中年の頭には一回で処理できないの!

3回目は役者の演技の巧みさにうならされる。
そして小説で言うなら行間に込められている余白の広さ(余白ってあれよ見た目の余白でないからね!)
マックスを準主人公(ひょっとしたら主人公?)フュリオサが初めて見るシーンのフュリオサのマックスを見るまなざしなんか、
セリフは無いけど、あぁこの女性はこんな格好で勇ましく戦ってるけど、本質には「優しさ」を持ってる人なんだ、と感じさせるし、
もしかしたら、この人、こういうシーンを今まで何回も見てきたんだとまで思わせる「憂い」まで感じさせるという絶妙な目だけの演技。

で、すごいのは、そういうシーンにセリフを入れず、また回想シーンも入れずに撮ってみせた監督の凄さ。
この監督はひょっとしたらものすごく人間に対して信頼を寄せてるのかも。

役者の演技に対する信頼。

その演技をもらすことなく撮ることのできるスタッフの技術の信頼。

そしてこの映画を観ることになる観客の想像力への信頼。

監督が70歳という歳を経てきたからできたのかも、と思ってしまう。
若造にはこんな恐ろしいことできんだろ?みたいな余裕を感じる(笑)

この映画、観る人の感性と今まで積み重ねてきた経験が多ければ多いほど楽しめるかも。
鑑賞してきた映画の数、読んできた本、観てきた絵画や体験してきた諸々のこと。
多ければ多いほど、この映画の行間を埋めることができるから、見終わった感想は
「ヒャッハー」だけでもなく、「内容が無い」わけでもなく、「ただのアクション」でもないものになるはず。

監督、行間が広すぎますよ!

Newimage34

これじゃ観る側の妄想がほとばしって暴走しちゃいますよ!
それに経験の浅い若造じゃこの映画の面白さ、半分もわかんないですよ!

でもきっとジョージ・ミラー監督は笑いながら
「楽しんで!映画なんだから!」って言うやろうなぁ。

すごいもの観た。
きっとこれ以降の映画を観るのが怖くなる。

あ、そうだ。この映画、一番のショックはアメリカってのはホンマにいっつも一歩先くらいにいるんだってこと再確認しちゃったことー。
この男女関係、いまだに日本で描けないのはちょいと問題かもよ~。(苦笑)

2015年7月20日 (月)

物入れつくったったー

Img_20150720_084749

おお!久々すぎる更新!
ブログの存在忘れてFacebookとかばっかり投稿してたわ!!!

で、こないだの土日に作ってみたのがこれですわ~

DIYの道具が増えてきて、なおすところがゴチャゴチャしてきたから
道具方付け箱としても作業台としても使えるように作っちゃいましたー

細かいところは見るんじゃない!あちこち歪んだり削りすぎたりしてるから( ̄∇ ̄)

Img_20150720_084800